COMPANY PROFILE

阪奈本店

【本社】
 〒574-0013大阪府大東市中垣内3-1-25
TEL 072-874-3268
FAX 072-874-3385

 
【アールエスタイチオフィシャル通販ショップ】

所在地 〒578-0901
大阪府東大阪市加納3-4-7
電話番号 TEL:072-874-3213

店舗運営責任者 藤原 高義
店舗セキュリティ責任者 藤原 高義


【アールエスタイチ大阪本店】
アールエスタイチ本店

〒574-0013 大阪府大東市中垣内3-1-25
TEL 072-874-5315 FAX 072-870-3489
 
【アールエスタイチ京都】
アールエスタイチ京都

〒612-8292 京都府京都市伏見区横大路朱雀36番地
TEL 075-623-1417 FAX 075-623-1418
 
 

CONCEPT


〜その先に、あなたがいることを忘れない。 〜
【つねにライダーと同じ視点から】
アールエスタイチの製品開発の基本は、
“その先にあなたがいる”

つまりライダーと同じ視点に立ってバイク製品を見つめることから始まります。
ライダーの快適を確保するために、このフォルムは最適か。
ライディング時の安全を高めるために、この素材は有効か…というように。

【本当にもとめられる製品をカタチに】
それは、創業者・吉村太一がプロの最前線で活躍し続けてきた、
ライダーであったからこそ生まれた開発思想。

ライダーが本当に求める製品をカタチに…
という強い想いが、
単なるファッションや機能だけを求めた製品とは一線を画す、
斬新でハイクオリティな製品を生み出す原動力となっていると、
私たちは自負しています。

【夢はサーキット場のプロデュース】
またアールエスタイチは製品づくりにとどまらず、
いつの日か私たちの手でサーキット場をつくりたい、という大きな夢も持っています。

このサーキット場を広くライダーたちに利用いただくことで、
ライディングの楽しさや難しさを少しでも分かってもらうことができるのでは。

それが、ひいてはライディング技術の向上、
事故なく安全なバイクライフを楽しんでいただくキッカケづくりになるのでは、と思うからです。

〜モ-タ-サイクルの明日へ、ライダ-たちと大きな夢を共にしたい。 〜
 
【スポーティブ文化の創造に向けて】
アールエスタイチは、ただモノをつくるだけのメーカー、モノを売るだけのショップではありません。

モーターサイクルを通じてお客様と夢を共有し、
お客様とともに次代のスポーティブ文化を創造していくこと。

それが私たちアールエスタイチの役割なのです。

TAICHI STORY


〜すべては、吉村太一の情熱から始まった。 〜


【モトクロス全日本選手権を制覇】
吉村太一。1946年、大阪府生まれ。
学生時代から数多く のオフロードレースに参戦してきた実績を認められ、
66年スズキとライダー契約。

67年にモトクロス全日本選手権125ccクラス、
70年の選手権では125ccと250ccの両クラスにおいてシリーズチャンピオンに輝くなど、
名実ともに日本のトップレーサーへと成長する。

【世界GP参戦】 
71年にはヨーロッパへ遠征し、日本代表選手としてワールドモトクロスGPに参戦。
翌72年にはモトクロス分野に遅れて参入してきたホンダへ電撃移籍し、
ホンダにモトクロス初の勝利をもたらした。

【引退後、新しいビジョンをカタチに】
74年のシーズンを最後に吉村は引退を決意。
しかし吉村は、モーターサイクルシーンに新しい夢とビジョンを描き始める。

これまでにライダーとして培ったノウハウを活かせる仕事ができたら。
そして、同じ価値観を持つライダーたちとバイクの楽しさを分かち合えることができたら…と。

RS(ライダーズスポット)タイチの誕生である。

〜RSタイチの根底に流れるのは、吉村の熱きレーサースピリッツ。〜
 



【プロのノウハウが活きる製品開発を】 
自らがプロレーサーとして活躍し、
いまなおバイクライフをエンジョイし続ける吉村のプロデュースによるメーカーだからこそ、
アールエスタイチが生み出す製品にはすべてに一切の妥協がない。

そのウェアの、パーツの隅々に、
モーターサイクルを楽しむためのノウハウ、吉村のレーサーとしての熱きスピリッツが、
脈々と息づいている。
 

TAICHI HISTORY


〜そして、吉村の新しい夢が動き出す。 〜


【大阪府大東市に第1号店誕生】
アールエスタイチ。

75年に大阪府は大東市にて第1号店をオープン。
わずか24坪というフロアでのスタートだったが、
元ワークスライダーが手掛ける本格的プロショップの誕生は、
こだわり派のライダーたちから大きな注目を集めることとなる。
 
【オリジナル製品の開発に着手】
プロレーサー時代からバイク製品の理想形を追求し続けてきた吉村は、
76年より自らの手でバイク製品開発に着手。

以来アールエルタイチは吉村が培ったバイク・ノウハウ、
そして吉村のチャレンジスピリッツを受け継ぐ スタッフたちの情熱により、
斬新でオリジナリティあふれる製品を次々と市場へ投入していく。

〜プロフェッショナルとしての長き経験が、この確かな品質を物語る。〜
 


【 海外メーカーとも幅広く提携】 

また77年に世界的レーシングブーツメーカーと日本総販売代理店契約を、
結んだことを皮切りに、
海外の有名メーカーとも積極的に提携。

製品のクオリティはもちろんその取り扱いラインナップの充実度で、
今日までアールエスタイチは数多くのライダーたちから支持され、高い評価を受けている。